診療科

診療科

皮膚科

科の特色・診療方針

当科はアトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚疾患、乾癬、じんま疹、帯状疱疹、脱毛症、皮膚腫瘍、皮膚感染症、水疱症、皮膚潰瘍、いぼ、白癬など皮膚疾患全般の診察を行っています。診療ガイドラインに基づいた治療を基本としています。

アトピー性皮膚炎についてはステロイド外用剤と保湿剤による外用療法、抗ヒスタミン剤の内服療法を併用し、生活指導を行っています。

乾癬についてはステロイド外用剤や活性型ビタミンD3製剤の外用療法を行い、中等症以上ではアプレミラスト、エトレチナート、シクロスポリン等の内服療法を併用することがあります。また当院は日本皮膚科学会より生物学的製剤使用施設認定を受けており、生物学的製剤による治療も行っています。

蜂窩織炎、帯状疱疹などの感染症は、抗生剤や抗ウイルス剤などで治療を行いますが、重症度に応じて入院治療を行うことがあります。

皮膚腫瘍の治療については、腫瘍の種類や希望により、手術を含む治療を選択しています。必要に応じて超音波検査、CT、MRIなどの画像検査を行います。基本的に水曜日に手術日を設けており、大阪市立大学医学部附属病院の医師との連携のもと治療を行っています。当院には炭酸ガスレーザーが配備されており、脂漏性角化症などのレーザー治療も行っています(自費診療)。

脱毛症については、円形脱毛症に対するステロイド外用・局所注射・全身投与治療、瘢痕性脱毛症に対する治療などを行っています。

陥入爪については、局所処置や肉芽に対する液体窒素療法などの保険診療のほかに、ワイヤー法による自費診療も行っています。

その他の皮膚の病気についてもご相談下さい。

診療スケジュール

 

 
朝診 今西久幹 葉山友紀 今西久幹 葉山友紀 今西久幹  ーー 
夜診 葉山友紀

   ーー

 ーー     ーー 伊庭仁樹  

水曜日 手術担当 小澤医師(診察予約制)

担当医師のご紹介

今西 久幹

今西 久幹いまにし ひさよし

皮膚科部長

日本皮膚科学会専門医

葉山 友紀

葉山 友紀はやま ゆき


小澤 俊幸

小澤 俊幸おざわ としゆき