診療科

診療科

内科

総合診療科

当院では、下記の専門診療以外に一般内科診療を行っています。普通に内科受診をしていただくことで、どの専門医に相談したらよいのかと迷ったり、複数の領域にまたがる疾患をお持ちの場合でもご心配はいりません。一人の内科主治医が責任を持って対応させていただきます。
しかし、すべての疾病を当院だけでカバーできるとは限りませんので、より高度で専門的な治療が必要となった場合は、患者さまの不利益にならないよう関連施設である石切生喜病院をはじめ、希望される専門医療機関に迅速にご紹介いたします。

肝・胆・膵内科

当院では、大東・四條畷地域において消化器疾患の急性期医療を担う病院として、消化管の疾患から肝・胆・膵疾患に至るまで幅広く対応しています。 当院には、肝臓病の専門医が常勤職員として在籍しており、肝臓領域で数多くみられるウイルス性疾患(C型慢性肝炎・肝硬変・肝癌、B型慢性肝炎・肝硬変・肝癌)、脂肪肝に代表される非アルコール性脂肪性肝障害、自己免疫性肝疾患(自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変)、アルコール性肝障害などの疾病に対して、ペグインターフェロンとリバビリンの併用療法、核酸アナログ製剤による治療、ラジオ波焼却療法などの先端治療を実施しています。 肝・胆・膵疾患におきましては、当院の外科や放射線科(IVRセンター)と密に連携をとり、超音波や血管造影などの検査と治療にあたり、救命率の向上及び早期診断・早期治療による治療期間の短縮を目指しています。 また、診療だけではなく、肝癌撲滅を旗印に市民検診・公開講座などの公衆衛生活動にも積極的に取り組んでいます。

消化器内科

消化器疾患に対しては、経験豊富な消化器病専門医が在籍し、食道、胃、十二指腸、大腸、胆管、膵臓に対して多岐にわたる内視鏡診断・治療を行っています。治療は出血性胃潰瘍・十二指腸潰瘍、出血性大腸憩室、食道静脈瘤破裂といった緊急疾患に対しての内視鏡的止血術による緊急対応をはじめ、ピロリ菌感染、慢性胃炎、逆流性食道炎といった、がん発生のリスクとなる慢性疾患への対応など幅広い診断・治療を行っています。2016年度は上部消化管内視鏡(食道、胃、十二指腸)1668件、下部消化管内視鏡(大腸)1000件を実施しています。また消化管腫瘍性疾患(大腸ポリープ、胃ポリープ、胃腺腫、早期胃がん、早期大腸がん、など)に対して腹部に一切傷をつけずに行う内視鏡治療についても当院は数多くの実績を重ねており、2016年度は1年間で455件の内視鏡的腫瘍切除を施行しました。内視鏡的腫瘍切除はポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR)という手技が一般的ですが、これらの手技では切除しきれない胃や大腸の腫瘍に対して行う内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)という高度な技術も当院では多数実施しており2017年度より当院は大腸ESDの施設基準を満たした施設に認定されています。
また当院は胆管や膵臓疾患の診断・治療にも精通しており総胆管結石・胆管炎・閉塞性黄疸・膵炎に対する内視鏡治療を2016年度は年間102例行っております。2012年よりEUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診)という高度な技術が導入され、以前であれば開腹手術といった外科的な処置でなければ対応できなかった胆膵領域の腫瘍性疾患・炎症性疾患・粘膜下腫瘍に対しても診断・治療が可能となり、以前よりもはるかに低侵襲で、かつ幅広い医療を提供できるようになりました。
これらの業績が認められ大東中央病院消化器内視鏡部門は2017年4月より大東中央病院消化器内視鏡センターとして生まれ変わります。この内視鏡センターの稼働とともに上部・下部内視鏡の検診やスクリーニングはもとより、消化管腫瘍性疾患に対する内視鏡治療をより迅速かつ的確に行えるようになります。また消化管出血による緊急対応を24時間可能にします。さらには胆膵領域の緊急疾患である総胆管結石、急性胆管炎、閉塞性黄疸、に対する胆膵内視鏡を迅速かつ的確に行えるようになります。この消化器内視鏡センターは当院の外科や放射線科(IVRセンター)と密に連携をとり、超音波や血管造影などの検査と治療にあたり、救命率の向上及び早期診断・早期治療による治療期間の短縮を可能にします。また、診療だけではなく、市民検診・公開講座などの公衆衛生活動にも積極的に取り組むことが可能となります。大東・四条畷地域においてはこのような設備・体制のある病院が不足しておりましたが,このセンターの開設により地域医療連携をより密にし、地域の患者様に消化器病に対するより質の良い医療を提供し地域の中核施設となるよう励んでまいります。

呼吸器内科

当院では、石切生喜病院の呼吸器内科の応援を得て月曜日と木曜日の午前診、水曜日の夜診に外来診療を行っています。気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、急性慢性呼吸器感染症及び肺癌などの呼吸器疾患の診断・治療にあたっています。
尚、石切生喜病院での精査・治療が必要な場合には、連携を図り対応しています。

循環器内科

当院では、石切生喜病院の循環器科や大阪市立大学医学部循環器教室の応援を得て、循環器専門医が外来診察を行っています。心筋梗塞や狭心症等の虚血性心疾患や動脈瘤、心臓弁膜症などの診断はもとより、種々の不整脈や心不全の診断・治療にあたっています。もし、当院での心電図検査、胸部エックス線検査、胸部CTで緊急手術や心臓カテーテル等の検査・治療が必要な場合は、石切生喜病院の循環器科と24時間体制で連携を図り、即座に対応が可能です。

診療スケジュール

 

 
朝診

 

初診

田中行正(内) 田中宏(内) 今西政仁(内) 臼井典彦(内) 関 守一(肝) 臼井典彦(内)
二診

 

北田諒子(循)

(9時30分-12時迄)

 

北田諒子(循)

(9時30分-12時迄)

中舎璃乃(糖尿)

交代制

(石切循環器)

石川裕敏(循)
(12時迄)
林秀明(内)
三診 谷恵利子(呼) 進藤嘉一(消) 関 守一(肝) 吉本直樹(呼) 山科雅央(消)
(12時迄)

三木隆己(内)/
豊田長興(甲)

 

四診

岡﨑博一(糖) 三木隆己(内) 宮地克彦(消)
(12時迄)
坂口典子(腎) 徳原満雄(消) 山東勤弥(内)

 

五診

関西医大(消)

--

松岡雄治郎(循)

井上恵理(内)

林秀明(内) 中山桂(消)

 

   
予約診(13:30~) 田中行正(内) 関 守一(健診) 竹内正春(循)
(13:00~)


林秀明

(早期認知症外来)

 

藤井弘史(心外)
(15:30迄)

-- 
関 守一(肝)

三木隆巳(骨粗鬆症)

第2・4のみ

--

--

徳原満雄(消) --
-- --

河野浩(脊椎)

第2・4のみ

-- -- --

 

   

夜診

 

一診

川口雄才(内) 中山桂(消) 徳原満雄(消) 進藤嘉一(消) 林秀明(内) -- 
二診

物忘れ外来

(神内非常勤)
(18:30開始)

林央(循)

杉谷新(呼)

池亀和博(内) 飯田慎(神内) --
三診

青井麻美子(消)

松宮美保(内) 坂尾将幸(消)

丸尾沙織(糖尿)

山科雅央(消) --
四診 荒谷泰三(内) 田中一臣(血内) --

松岡成康(内)

--

※月・火曜日朝診内科二診北田医師の診察は、9時30分から12時迄となります。

※金曜朝診内科三診山科医師の診察は、12時迄となります。

※土曜日の内科三診は、第1、3、5三木隆医師、第2,4豊田医師となります。

※月曜朝診内科五診は、関西医大消化器内科となります。

 

担当医師のご紹介

臼井 典彦

臼井 典彦うすいのりひこ

医務統括部長

患者さんに不利益のない医療の提供を願い、患者さんといっしょに病気と向き合い、"私に任せてください!" そんな医療もいいのではと思っています。

関 守一

関 守一せき しゅういち

顧問

問診・診察・検査をきっちり実施し、正確な診断のもとに最新医療を行います。責任は医師と患者さんの双方が半分ずつ…


田中 行正

田中 行正たなか ゆきまさ

顧問

20年以上にわたり当院で一般内科医として診療にあたっています。
偶数月の土曜日には糖尿病教室も担当していますので、血糖が心配な方はご参加ください。

進藤 嘉一

進藤 嘉一しんどう よしかず

消化器内科部長

徳原 満雄

徳原 満雄とくはら みつお

消化器内視鏡センター長

日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
消化器内視鏡専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本がん治療認定医

林 秀明

林 秀明はやし ひであき

部長