看護部blog(ブログ)

大東中央病院の旬な話題をお届けします。

自粛生活

自粛生活

こんにちは!!手術室Mです。

気づけば6月になっていて、夏の訪れを感じます。

現在コロナの感染拡大が進み、外出せず自粛することが日常化してきました。自粛の為外出できず、家にこもっている生活が続いており、友人と共に遊ぶことが懐かしく思えます。

コロナが収束し、1日でも早く元の生活に戻ると良いなと思います。

  • カテゴリー:アメニティ
  • 更新:2021.06.11

お家時間のすごし方

お家時間のすごし方

こんにちは!

外来看護師Iです。

自粛生活が続くとなかなかネタが無いものでどうしたものかと・・・

おうち時間の過し方に悩んでいる方や、時間をもて余している方も多いのではないでしょうか。

私は、気分転換にあれこれやってみましたが、習慣になったのは温活。

まず1つは、やり始めると癖になる長風呂。入浴剤やバスグッズが増えました。ゆっくり湯船に浸かって発汗すると運動不足も解消され穏やかな気持ちになります。入浴剤を使用してリラックス効果を高めてみたり。時間があるからこそできる贅沢ですね。余談ですが、クナイプのバスソルトのシリーズは種類が豊富なので、いろいろお試しできるのでオススメです。

もうひとつは体が暖まる料理。

今まで、ついつい焼いたり炒めたりの時短料理になりがちでしたが、やや手を掛けたものをつくるようになりました。

★かぶらとパプリカのコンソメスープ  ★かぶらとブロッコリー&豆乳 

それぞれ湯がいたものをミキサーして好みの味付けした超簡単なものですが、無心につくる料理の時間はあっと言う間に過ぎます。クックパッドを見るのが楽しくなりました。

体を温めることは免疫力アップに有効で、ウィルスや細菌などに負けない効果が期待できます。クーラーでの冷えや肩こりの緩和などにも効果的です。温活も取り入れてみてくださいね。

  • カテゴリー:アメニティ
  • 更新:2021.05.24

ステイホーム

外来看護師Kです。

新型コロナウイルスの流行により、自宅で過ごす時間が激増しましたね。

みなさんはステイホームの時間をどう使われていますか?

我が家ではこの機会に普段、ゆっくり向き合えていなかったワンコとの「心の距離を縮める」事に目を向けています。

去年、先住犬(5歳オス)のパートナーにと、保護犬(3歳位メスと聞いていた)を迎え入れました。淀川の河川敷で野良犬として生活していたため毛玉だらけで結構な臭いでした。家に到着しすぐにトリミングした結果、ワンコがオスと判明!(後日病院で10歳超えと判明!)

しつけの出来ていなかった先住犬に同性で年上のワンコが家族となりました。

2頭が仲良くできるはずがありません。

子犬のトレーニングや成犬でも1頭だけのトレーニングをしているところは沢山ありますが、成犬2頭を仲良くさせるためのトレーニングをお願いすると答えはみんなNO

何件も断られなすすべもなく途方に暮れていた時、1人のドックトレーナーさんと出会うことが出来ました。

まさに救世主です!

先住犬は私たちが甘やかし過ぎ、社会化をさせていなかったためしつけの基本から。

その間保護犬は家に慣れることから始まりました。

保護犬にとって人間はどんな存在なのか?どんな人生(犬生)を送ってきたのか?

保護犬について無知の飼い主家族4人は幾度となく噛まれて流血しました。

先住犬とは半年を超えた今でも仲良くはなれていませんが、私たちのことを少しずつ家族として受け入れてくれています。

今はコロナが収束し「仲良く2頭引き」でアウトドアを楽しむことを夢見て頑張っていきたいと思います。

  • カテゴリー:アメニティ
  • 更新:2021.05.14

緊急事態宣言

緊急事態宣言

外来勤務のHです。

2019年、令和という新年号になり新たな気持ちでスタートされ、2020年、東京オリンピックに向け活気あふれる世の中だったように思います。

 2020年、令和2年の新年早々1月6日に中国武漢から帰国された方が14日に新型コロナにかかり、何か分からない病気に不安を感じ、でもどこか遠く自分とは関係がない他人事の様に受け止めていた私と新型コロナとの始まりでした。見る見るうちに感染拡大し、4月~5月にかけ緊急事態宣言の発令。東京オリンピックの延期決定とそんな暗い話題しかない中、我が家では、息子の結婚宣言と明るいニュースが舞い込んできました。

両家の挨拶、結婚式、妊娠とうれしい話の中、新型コロナに悩まされ、他県のお嫁さんだった為、延期や分娩の受け入れ拒否など困難に見舞われました。

しかし、お嫁さんは大阪での分娩に不安も大きかったと思いますが、大阪で11月2日に息子の立ち合いのもと出産、12月6日お宮参りも無事に終わることができました。日々成長する孫に、自分の子供の時とは違う感情で、目に入れても痛くないほど可愛く愛らしい孫に癒され、新型コロナで暗いニュースの中でも我が家には、明るく幸せを運んで来てくれました。また、この厳しい時代にも打ち勝つ強い子に成長してほしいです。