診療科・部門紹介

Hospital Department

大東中央病院で診察可能な診療科、及び部門のご紹介です。

診療科・部門紹介

外科

当院外科では、胃・大腸などの消化管をはじめ肝胆膵などの含む消化器を中心とした腹部全般・一般外科の診療を行っています。横隔膜上の疾患(食道・肺・心臓血管)についても同法人のグループ病院である石切生喜病院と連携し、人材交流、情報交換を密にして診療をおこなっています。

当科の診療は、チーム医療を重視し、外科・内科・放射線科、麻酔科医師、超音波検査技師、放射線検査技師、病棟看護師、理学療法士が集い、患者様の病状の診断、治療、術後管理などについて検討します。

近年著しい進歩がみられる腹腔鏡手術を従来から行っており、悪性疾患では胃、大腸の手術を、良性疾患では、鼠径ヘルニアを含む腹壁ヘルニア、胆石症、虫垂炎、腸閉塞などの手術を腹腔鏡下手術で標準的に行っています。一方で、手術治療の手段としての腹腔鏡にこだわることなく、手術治療の目的に応じて開腹手術の選択肢も柔軟に取り入れています。

悪性疾患では、手術の目的は最も体に負担の少ない方法で、癌を取り残しなく切除し、患者様の予後の改善を図ることであり、良性疾患では、手術侵襲を極力抑えて早期社会復帰を目指すことになります。
患者様各々の手術既往や、併存疾患、悪性であれば進行度、腫瘍随伴症状、良性であれば整容性も考慮し手術術式の方法を検討しています。
また、切除可能か否かを術前診断で正確に診断することで、不要な侵襲をさけることも重要なことと考えています。
近年の特徴として、高齢者の手術が予定・緊急ともに増加していますが、特に超高齢者では症状や合併疾患、予後を考慮して治療方針を検討しています。

手術中の麻酔については、全身管理を行う麻酔科専任医師と綿密なコミュニケーションを図り、リスクの高い症例にも適切に対応しています。

切除不能・高度進行の悪性腫瘍を患った患者様や、根治手術後の予後改善のための補助化学療法を選択された患者様には、がん化学療法を外来通院で積極的に行っています。医療安全と感染防止の観点から、薬剤師による注射薬混合調整と安全キャビネットを導入し、外来化学療法室も整備しています。

当科では「がん」の終末期医療も特に重視し、患者様がその生涯を、尊厳をもって全うできるように、地域の病院としての役割を果たす必要があると考えています。

最後に「木をみて森を見ず」の例えではありませんが、目前の疾患だけに眼を奪われることなく、合併症を含めた患者様の全身状態の把握はもちろん、患者様の「心」とその社会背景まで踏み込んだ診療に努めて参ります。

お知らせ

当科では、『一般社団法人 National Clinical Database』による"日本全国の外科系施設における外科症例の全数把握を目的としたデータベース作成を行う"という趣旨に賛同し、患者さま個人を特定できない形式でデータ登録を行っています。


診療スケジュール

朝診
初診
朝診
一診
梶山雄司
大河昌人
上道武
梶山雄司
上道武
横井川規巨
予約診(13:30~)
午後診
三上慎一
夜診
横井川規巨
大河昌人
上道武
梶山雄司
大河昌人
--

担当医のご紹介

病院長
梶山 雄司かじやま ゆうじ
  • 日本外科学会専門医
  • 日本内視鏡学会専門医
  • 日本静脈経腸栄養学会NST認定医
副院長
上道 武うえみち たけし
  • 日本外科学会専門医
外科部長・消化器センター長
大河 昌人おおかわ まさと
  • 日本外科学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
救急部長
横井川規巨よこいがわ のりお
  • 日本消化器外科学会 指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医
  • 日本外科学会 指導医
  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
  • 日本肝臓学会 肝臓専門医
診療科
HOSPITAL DEPARTMENT
診療・受付時間
朝診
朝診
9:00 - 12:30受付 7:00~12:30
昼診
昼診
すべて予約診となります
夜診
夜診
18:00 - 20:00受付17:00~19:30
休診日
土曜午後、日曜、
祝日、年末年始