看護部blog(ブログ)

大東中央病院の旬な話題をお届けします。

看護部教育委員会~新人看護職員研修②~

5月の新人研修は『夜勤の心得え・フィジカルアセスメント』

夜勤業務に入る前にシャドー夜勤も含めて夜勤の心得として注意点や心構えについて研修をし、フィジカルアセスメントでは、2グループに別れて消化器と心臓の図を参考にビニール袋に実際に書いてもらったりと・・和気あいあいと研修が終わりました。

配属部署に配属され、実際に患者様と関わり始めて3週間程ですが、久しぶりに会った1年生は、なんだか急に逞しくなったような気がした研修時間でした。

20210604-1.png20210604-2.png

  • カテゴリー:職場紹介
  • 更新:2021.06.04

フットケア外来

毎日厳しい寒さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか

当院のフットケア外来の紹介です。

糖尿病と足は深い関係があり、様々な足の問題が起こりやすくなります。

フットケア外来は、足のトラブルを早期に発見し、重症化を予防するためのケアや

足のお手入れの方法をアドバイスする外来になります。

~フットケア対象の患者さま~

・糖尿病があり治療中の方

・足潰瘍や閉塞性動脈硬化症、神経障害などがあり

医師が足の病変に対してケアが必要と診断された方

時間は予約制で

火・木・金

午後13:30~/14:30~

(1回/月)

ぜひお問い合わせ下さい

  • カテゴリー:職場紹介
  • 更新:2021.05.14

術後疼痛管理の特定行為看護師

こんにちは。大東中央HCUのNです。

当院HCUは昨年6月に開院しました。

開院当初からHCU業務に就きながら「特定行為」の研修を受講していた我が家のアイドルTさんがこのたび無事に研修終了して「術後疼痛管理の特定行為看護師」に認定されました。

パチパチパチパチ!!! おめでとう~!!!

昨年6月からおよそ10か月間、院内バスで石切生喜病院まで通い、長い時には丸1日研修し、通常の日勤業務より帰りが遅くなることもありました。

コロナ禍での研修でなかなかスムーズに進まないことも多かったと思いますがよく頑張りました。

「特定行為に係る看護師の研修制度」はチーム医療を推進し、看護師が役割をさらに発揮するために201510月から創設された制度です。

石切生喜病院では毎年研修が開催されています。

当院ではTさんが特定看護師第1号となりましたが、これからもどんどんTさんに続いてほしいと思います。

先日、朝礼で院長先生から院内のスタッフに紹介されました。今年からのTさんの活躍が楽しみです。

Tさんにインタビューしてみました!

――― 研修で大変だったことはどんなことですか?

Tさん:仕事との両立が心配でしたが、無理のないシフトを組んでもらって苦にならずに進めました。業務中にeラーニングできる時間を作ってもらったのもありがたく、ちゃんと勉強しようという気持ちになりました。

――― すばらしい職場環境ですね~。職場全体での協力体制があったのですね。

――― 研修期間中、楽しかったことはどんなことですか?

Tさん:石切生喜病院に通うことで石切の施設見学にもなり刺激を受けました。

石切のスタッフさんと一緒に研修を受けたので、それぞれの施設の違いを話したり、一緒に食堂でマスク会食するのも地味に楽しかったです。また、特定看護師、認定看護師さんや医師、薬剤師さんに多くのことを教わりとても貴重な時間となりました。

――― いいなぁ。わたしも若かったら是非受けたい。かっこいい特定ナースになりたいわぁ。

――― これから同じ特定看護師を目指す後輩にアドバイスをお願いします。

Tさん:自分にやれるか心配でしたが、研修会場、その他周囲の協力のもとやり遂げることができました。知識を身につけ、経験を積み重ねることに無駄はひとつもないので「全て自分に返ってくる」ことを楽しみにどんどんチャレンジして欲しいです。

――― さすがTさん!早速カッコいいですね。

2021年春、まだまだコロナが猛威をふるっていますが、私たち看護師は後ろ向きにならずやるべき役割りを誠実に果たしていきたいものです。

最後にコロナ禍のこの1年でわたしが育てた花たち(写真)をTさんに贈りたいと思います。Tさん。ほんとにおめでとう。

20214月 

20210426看護師ブログ.jpg

  • カテゴリー:職場紹介
  • 更新:2021.04.26

令和3年度オリエンテーション

看護部教育委員会~新人看護職員研修①~

 

45日から49日の5日間の新人看護師集合研修が終わりました。

この5日間の集合研修では基礎的な看護技術を学びました。412日から4週間かけて各部署のローテーション研修が始まります。ローテーション研修では、各部署の特徴を理解して看護実践における看護観を育成することを目的として実施しています。

ローテーション研修後に各配属部署に配置。配属部署に行く前に色々な体験をして欲しいと思っています。

 

【今年の新人看護師7名】

 

20210414看護師.png 
 
 

 

 

とても明るくて

笑顔のキュートな

7名です

 

 

 

 

20210414研修の様子.png

感染認定看護師による個人防護具の20210414研修1.png

着脱方法を学びました

20210414研修2.png

理学療法士による移乗の実演を 

学びました

  • カテゴリー:職場紹介
  • 更新:2021.04.14

支えあう仲間(ナースマン/師長の活動)

新年を迎えはや半月が経過しました。

通常の年明けと異なりCOVID-19 の猛威により日常生活が一変し、医療従事者にとっては通常の業務とCOVID-19 対応で大変な日々となっています。

COVID-19 で加療中の皆様におかれましては、心より早期の回復を願っております。

今回は、当院のナースマンと師長の活動の一環をお伝えします。

当院は、看護部112名(1月現在)のうち3名のナースマンが在職しています。

手術室副師長と手術室看護師、HCU看護師の3名です。

女子が多い中、なかなかの活躍ぶりで3人とも自己研鑽に長けた人材であると!自負しております。

 

次に師長の病院内横断的活動、地域活動の一環として病院前周辺の清掃を実施しました。

草引き・ごみ収集を行い疲れたはずなのに、なぜか最後はこの笑顔!

日々、私からの無理難題にもかかわらずこの笑顔が出るとは、我ながら良き師長たち恵まれたものだと感じる日々です。